プローバ 「人々の生活を豊かにしたい」という理念のもと、減収増益と発表

(株)プローバホールディングス(本社/広島市安佐南区)はこの度、「プローバグループ メッセージ動画2021」を発信し、取引関係者に向けて、プローバグループが取組んでいる事業展開など説明と報告を行った。

例年同社は、11月に「プローバグループお取引先様との交流会」を開催していたが、昨年に続き、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑みて会場開催を取り止め、動画配信に替えたもの。平本直樹代表取締役CEOは、コロナ禍にあっても、「経営においても理念のCCESを守りつつ、企業として成長し続けるためにはどうあるべきかについて、経営陣一同が『思い』を揃え、戦略をアップデートする機会にもなりました。私は『人々の生活を豊かにしたい』という思いを持っています。そしてプローバグループの事業を通じてその実現を目指しています。これはごく一部の富を一部の者だけが分け合うのではありません。社会にかかわる全ての人が、安心安全な環境の下、物質的、心理的豊かさを享受できる社会を作る事であり、プローバグループは事業を通じてその社会を実現する者の集合体であると考えています。この思いを持ち続ける中で、地域の皆様、お取引先の皆様も含めたグループの大切なお客様、そして従業員、皆様にとって価値ある企業として発展させていきたいと考えています」と述べ、PROVAという「挑戦」(イタリア語)の社名のもと、様々な形でより多くの「豊かさ」となれるサービスの提供に挑戦し続ける事を誓った。

9月に共同代表として就任した中野修代表取締役COOは、「プローバグループに携わる仲間のハッピーなくして、会社のハッピーはなし!」と述べ、『ROAD to 2025』の中期計画を掲げて強い経営体質づくりの進捗を報告した。

2021年8月期の業績(連結)において、売上高341億円(前年同期比5%ダウン)、営業利益は7億8000万円(前年同期の約3倍)、当期純利益4億4000万円(同約7倍)と、減収増益とした。「今後もアフターコロナに向けて健康促進事業を中心に成長投資を行い、事業構造を変えていくと同時に、グループ全体でDX化に取組む事で、経営体質を強化しながらも社会環境の変化に遅れる事なく挑戦を続けてまいります」とあくなき挑戦を誓った。

プローバグループは、プローバホールディングスの下、パチンコ事業((株)プローバ)、ゲーム事業を主としたアミューズメント事業((株)プロバックス(ゲームセンター・ボウリング場))。また、ライフ&エンターテインメント事業として果敢に挑戦を続けており、(株)GROW UP(パン・洋菓子製造、販売・飲食店)、(株)プローバウェルネス(スポーツ施設やフィットネス倶楽部の経営、介護機器及び介護支援機器の企画、販売、輸出入、レンタル及びリース)、(株)P2M(不動産の賃貸借・保険業務など)、合弁会社の(株)ペンシオーネ(ニセコ・ペンション経営)、(株)プローバベジモ(農業・飲食・福祉)などで構成されており、今後もグループ挙げて尽力していくと報告した。

プローバグループ

2021.11.30 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2021年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2022年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る