誓約書確認機関 全機連へ詳細通知257店舗、内撤去確認81店舗

ホール4団体(全日遊連、日遊協、MIRAI、余暇進)誓約書確認機関は3月29日(時点)、21世紀会決議が定める旧規則機の期限内撤去未履行257店舗について、全機連に通知していた。そのうち81店舗において当該遊技機の完全撤去が確認された事から、全機連に改めて通知した。完全撤去が確認された81店舗は、茨城36店舗、栃木13店舗、北海道8店舗、愛知7店舗、千葉3店舗、埼玉3店舗、岐阜3店舗、福島2店舗、三重2店舗、群馬1店舗、大阪1店舗、兵庫1店舗、熊本1店舗。

なお、ホール4団体会議は3月24日、全国的には撤去が粛々と進んでいる中、愛知(69店舗中、撤去7店舗)、岐阜(20店舗中、撤去3店舗)の両県で撤去が進まない状況を確認した。通報・確認システムによると、「沖ドキ!LL」「沖ドキ!LL-30」2機種の両県の通報設置台数は、3395台(1店舗平均38.1台)の状況となっており、大きな割合を占めているため、深い憂慮を示した。

2021.03.31 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2021年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2021年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る