三重遊協 コロナ感染症の拡大防止研修会を開催

三重県遊技業協同組合(権田清理事長)は9月30日、津市内のホテルグリーンパーク津において「新型コロナウイルス感染症拡大防止研修会」を開催。感染予防の観点から、会場収容規模の半数となる125名に制限、入場時のマスク着用、手指消毒、検温ビデオによる体温測定、三重県安心みえるLINEの登録など、不測の事態にも備えた。

権田理事長は、「これからは、ウィズコロナの時代といわれており、感染防止対策を徹底する事が日常となります。そうした事から、この時期にこうした研修会を開催させていただきました。先の緊急事態宣言の休業要請に際しては、皆様のご理解ご協力により、全国に先駆け、県内の組合・非組合を関わらず全ホールの休業を達成する事ができました。改めて皆さまに心より御礼申し上げるとともに、本研修を参考として、より安心で安全な遊技環境をつくりあげていただきたい」と開催意義を述べた。そして、三重県新型コロナウイルス感染症対策本部の総括班・感染対策班の担当課長は、県の休業要請に全店が協力いただいたと謝意を述べるとともに、現在の感染状況、対策について講話した。

研修会では、ダイヤモンドプリンセス号の消毒作業を感染者ゼロで切り抜けた実績を持つ日本特殊清掃隊・(株)レリックの神野敏幸代表取締役により、消毒方法を伝えた。消毒の際は、ウイルスを広げないよう、消毒液を染み込ませた布を一方向に向かって動かして拭くといったコツを説明。その後、参加者は、講師の指導を受けながら実際の遊技台を使って、ハンドルやレバー、それに玉を入れる場所などを消毒する方法を体験した。

三重遊協では、研修成果をそれぞれの店舗で共有し、徹底した感染防止に取り組みたいと地元テレビ局の取材に答えていた。

三重県遊技業協同組合

2020.10.02 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2021年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る