機構 遊技機性能調査を終了

一般社団法人遊技産業健全化推進機構(五木田彬代表理事)は5月22日、平成27(2015)年6月1日から開始した「遊技機性能調査」について、5月末(5年間)をもって定期的な実施及び情報開示を終了すると発表した。

「いわゆるぱちんこ遊技機の一般入賞口に遊技球が入賞しているかどうか」についての性能調査は、2017年1月以降、常に100%の一般入賞口への入賞が確認されていると情報開示してきた。「現状においてパチンコホール(営業所)に設置されているぱちんこ遊技機は、特に大きな問題のない状況にあると考えております」として、限られたマンパワーの中、依存防止対策調査にシフトすることも理由とした。

なお、遊技機性能の異常が確認された場合は、行政通報等の実施は従来通り行うため、遊技機性能調査の事業については、今後も継続していく予定としている。

電子書籍
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る