PAA 5月末まで広告宣伝自粛期間を延長

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(大島克俊理事長・写真)は4月28日、4月理事会をウェブ会議により開催した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための改正特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、広告宣伝自粛期間を5月31日まで延長する事とした。

大島理事長は、政府の緊急事態宣言に伴い、会員の広告自粛(2月29日〜)協力に謝意を述べるとともに、未だ出口の見えない状況だが、引き続きの協力を呼びかけた。さらに広告事業者にとって未曾有ともいえる非常に厳しい環境であるが、前向きなPAA活動を目指したいとした。「PASS(パス)」(ぱちんこ広告宣伝サーチシステム)の活用をはじめとする情報共有、今だからこそ必要とされるツールの開発、アフターコロナ、ウィズコロナを迎えた暁には、会員の営業機会創出につながる施策提供を模索している事、PAA ならではの新型コロナで痛む社会への貢献を検討している事などを報告した。

篠原弘志相談役(パチンコ・パチスロKAI総合研究所)からは、一部の自治体において休業要請に応じないパチンコホールがあり、それがパチンコ業界全体への社会的バッシングにつながっている事に憂慮。遊技機の検定に関わる関係各所の動向などについて情報共有した。茂木欣人アドバイザーからは、現在業界が抱える喫緊の課題は新型コロナウイルス感染症への対策である事を強調。特に5月以降の対応について認識を深めた。柳井猛晶参与(東洋大学現代社会総合研究所)からは、営業自粛後の「アフターコロナ」、「ウィズコロナ」の時代には新たな価値観を持った「新しい生活様式」のあり方が模索されている。パチンコ業界の広告も同様に、時代にふさわしいプロモーション誕生が期待されているとした。

【主な活動報告】
①“ファン”が選ぶパチンコ・パチスロ大賞2019受賞企業へ、トロフィー授与の予定
②PASS(ぱちんこ広告宣伝サーチシステム)は会員の情報共有強化ツールとして活用推奨
③広告・宣伝レポートWGは 4 月中にウェブ会議開催予定
④「PAA-AD」ネットワークWGを開催し、掲載媒体拡充への働きかけを実施予定
⑤新型コロナウイルス感染症への対応方針

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る