コロナ感染 東京都はパチンコ自粛言及せず

東京都は3月30日午後8時から都庁で緊急記者会見を行った。その中で、小池百合子都知事は、これまでの新型コロナウイルス感染状況として、感染拡大を抑えられるかどうか、重大な局面と説明し、感染経路が不明の方が増えている特徴を説明。その中で、夜間から早朝まで営業しているバー・ナイトクラブ・酒場など、接客を伴う飲食業の場で感染したと疑われる事例があり、その事があきらかになったという厚生労働省クラスター(集団)対策班からの報告があった。感染リスクの高い3密の濃厚な場であり、こうした場への出入りの自粛を要請した。若者へは、カラオケ・ライブハウス、中高年には、バー・ナイトクラブなど、接待を伴う飲食について不要不急の外出自粛を呼びかけた。

「特定業種(バー・ナイトクラブ等)」以外にもクラスターの事例があるのではないかと、特定業種に絞った理由についての質問に続いて、NHK記者からは、「特定業種に関連してなのですが、今回は、例えば遊技をさせるようなぱちんこだったり、まあじゃんだったり、あるいは性風俗店に関して、感染が疑われる事例は、多くは確認されていないのでしょうか」と続いた。同席した新型コロナウイルスの厚生労働省クラスター(集団)対策班で国内の感染状況の分析に当たる西浦博北海道大教授(理論疫学)は、「曝露が疑われる場所として、遊技場いわゆるパチンコ店だったり、雀荘というものは、今の時点では報告がありません。性風俗に関しても同様です。東京においては事例がありませんが、他の地方においては、チラホラと情報を受けています。今回報告した業種は、風営法の中で1号といわれる業種、お手元の資料の中でお示ししたような深夜にわたる接待飲食業相当する所に出ているのが特徴です」と答えた。

映像は、東京都の小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和2年3月30日)」より

2020.03.31 更新

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る