中部遊商 11回目となる献血活動実施

全商協所属の中部遊技機商業協同組合(林和宏理事長)は3月13日、組合員を対象にした献血活動を実施した。

医療に必要な血液を献血によって安定的に確保するために、献血に積極的に協力できる企業や団体の事を「献血サポーター」と言い、同組合では、社会貢献活動の一環として献血サポーターへ参加して今年で11年が経過した。

当日は新型コロナウイルスの影響で様々な行事が自粛される中、27社・64名(一般人3名も含む)が参加した。実際に献血を行えた人数は46名で、200mlが3名、400mlが43名の計1万7800mlの血液が集まった。中部遊商は、医療現場ではまだまだ血液が必要とされているため、今後も継続して開催していくとしている。

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る