東京遊協 組合員全店舗に消毒液を配布

東京都遊技業協同組合(阿部恭久理事長)は3月13日、「当組合における新型コロナウイルス対応の状況と消毒液の全店配布について」を発表した。

それによると、都内763店舗は「今日まで、クラスターが発生していないのは、お客様が遊技中に喋ることがほとんどなく、タバコ臭いとの評価を頂く反面、一般的な屋内施設と比較し、非常に強力な空調機器を備えており、相当に換気環境に配慮していることが奏功しているのではないかと考えております」とし、今後も感染しないよう営業所について特段の取り組みを報告した。

1.集客を目的とした活動の自粛
集客を目的とした活動として、各種媒体における広告宣伝を自粛するよう全組合員に要請。
2.感染症対策の継続的な取り組みについて
①従業員の出社時の体温計測②従業員の可能な限りのマスク着用③従業員の手洗い、咳エチケットの励行④ホール内の消毒及び換気⑤地域における感染状態等、最新情報の把握、など。
3.消毒液の配布
特に、消毒液の確保等が困難だった店舗でも、感染拡大を防止するため、都内全組合員店舗に300〜500台の中規模店・従業員30名程度で1カ月分の消毒液セットを10日以内(3月14日から)に配布をする。配布セットには、弱酸性次亜塩素酸水溶液10リットル(400ppm)1本、同携帯用ボトル150ミリリットル(200ppm)5本。

東京都遊技業協同組合

2020.03.13 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る