高尾 新機種「P ROKUROKU 6000Ver.」発表

(株)高尾(本社/名古屋市中川区)は2月17日、新機種「P ROKUROKU 6000Ver.」の発表に伴い、東京ショールームにおいて、プレス説明会を開催した。

コンテンツは雨宮慶太氏が原作・総監督を務めた2018年公開の劇場用映画だ。人気監督と最恐ジャンルのコラボレーションがプレイヤーに衝撃体感を提供する。スペックは特賞確率1/319.6(高確率1/79.5)のミドルタイプ。大当りは全て10R(約1000個)で、確変突入時(初当りの50%)は6回1セットの約6000個が獲得できる。

出玉の鍵を握るのは、6回セット到達後の時短回数。6回(40%)、36回(10%)、66回(10%)、96回(40%)のいずれかに振り分けられ、その内、50%で時短66回以上がGETできる。時短中に引き戻す事で更に約6000個が見込める出玉性能も本機の魅力だ。尚、最大時短引き戻し率は約27%となる。

セット消化中は約1/66で「加速図柄」が停止し、変動秒数が短縮するスペシャル変動となる。演出は即当りが中心となり、大当り消化のアタッカーも2段階の爽快仕様。エキサイティングな打ち心地が楽しめる“怪速ヤクソクシステム”もポイントだ。

(C)2014 雨宮慶太/ロクロク製作委員会

株式会社高尾

2020.02.17 更新

全国遊技場名鑑
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る