宮城遊協 新春経営者研修会ならびに懇親会開催

宮城県遊技業協同組合(竹田隆理事長)は1月30日、仙台市青葉区のパレスへいあんにおいて、新春経営者研修会ならびに懇親会を開催した。新春経営者研修会では、宮城県暴力追放推進センターの斉藤隆専務理事「最近の暴力団情勢と不当要求対策等について」と、宮城県警察本部生活安全企画課の松川光太課長補佐による「健全営業の推進等について」の行政講話。また、POKKA吉田氏による「最近の業界情勢について」の講演を行った。松川課長補佐は「依存対策」「計画的な新基準機への入替」「不正改造の絶無」「広告宣伝の適正化」など業界の諸課題について要請した。

竹田理事長は諸課題について一つひとつ取り上げながら、組合員に適正な対応を求めた。「依存問題を最重要課題として業界が一丸となっています。昨年のラグビーワールドカップで日本チームがみせたONEチームになって、目標を定め今までにない業界が一丸となって最善の方策を模索している。遊技機の動向に過度な期待、平成の時代の期待はあってはいけません。お客様に適度で安心して遊んでいただけるよう、それに伴うコストの面は思った程ではありませんが、しっかりと令和の時代の業界のあり方について、思い切った覚悟が必要だと思います。守ってはじめて物言えるような業界にしたい」と組合員一人ひとりの遵法営業、コミュニケーション密にした対応を訴えた。

懇親会では冒頭、宮城遊協が社会貢献活動の一環として、第16回社会貢献活動に協力した4団体(夢の森、みやぎセルプ協働受注センター、ぎんの星、第三虹の園)、宮城県の防犯協会、暴追センター、被害者支援センター、盲導犬協会など全8団体に対し寄付を贈呈。代表して謝辞を述べた宮城県防犯連合会の姉歯和郎会長は、「厳しい情勢の中にも関わらず、活動への支援を頂きありがとうございます」と謝辞を述べ、浄財を有効に活用していきたいと語った。来賓には県警本部生活安全部より沼田光二部長をはじめ、日遊協東北支部の谷口久徳支部長、東北遊商の高橋一則理事長、回胴遊商の佐々木斉常務ら多数が列席。沼田部長は健全な業界の取り組みを求めた。

宮城県遊技業協同組合

2020.01.31 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2019年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る