IR 横浜IRの実現目指し展示会

神奈川県横浜市にIRの実現を目指す[横浜]統合型リゾート産業展実行委員会は129日〜30日、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で「第1回横浜 統合型リゾート産業展」を開催。IR誘致に向けた気運づくりを両日展開した。

10
時開場に際し、オープニングセレモニーでは、24社・団体がテープカットを行った。主催者を代表し、堀正人実行委員長は、「この展示会は在横浜の13の経済団体で構成されるIR横浜推進協議会との共催のもと、6社のIRオペレーター企業の全面的な協力をいただき開催の運びとなりました。日本は観光先進国を目指す中、日本にIRという産業が誕生する事になります。そのIR産業を創造支援・持続的な成長を支えるビジネスプラットホームになるのが本展です。横浜IRでは、3世代の親子が安心して楽しめる場所を目指しています。いわば未来型の横浜らしい成長型のIRです。本展示会では、IRをゲーミング(カジノ)という先入観を払拭していただき、正しいIRPRできる機会にしたい」と開催趣旨を述べた。また、川本守彦代表幹事(IR横浜推進協議会)からは、「IRへのきちんとした認識・認知、IRが横浜にどういった影響を与えるのか、機運醸成が図れるようにしたい」と述べ、横浜IRスタートにしていきたいと共催の意義を伝えた。


「第1回横浜 統合型リゾート産業展」に協賛したIR事業者は6社。①メルコリゾーツ&エンタテイメントジャパン②ウィン・デベロップメント③セガサミーホールディングス④ゲンティン・シンガポール⑤ギャラクシー・エンターテインメント・ジャパン⑥ラスベガス・サンズ


その他、統合型リゾートに関連する企業40社が出展した。大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店などの大手ゼネコン。東芝、日本電気、パナソニック、富士通、三菱電機など大手総合電機メーカーが様々な提案企画を打ち出していた。今回の出展傾向で、「統合型リゾート」というテーマに特化した印象で、エンジン施設として位置付けられるカジノ関連について、ゲーミング機器等の展示は皆無だった。



賑わう会場内



関係者によるテープカットにより開幕



開場とともに多数の来場者が入場した


セミナー会場は満席の状態となった

電子書籍
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る