京都遊協 2019年寄付・助成金贈呈式

京都府遊技業協同組合(白川鐘一理事長)は11月28日、京都市中京区のANAクラウンプラザホテル京都において、2019年寄付・助成金の贈呈式並びに営業者・管理者等研修会を開催した。組合員や店舗管理者等約180名が集った。

寄付・助成金事業は京都府内のパチンコ店経営者で組織する京都遊協ならびに同団体を母体とする公益財団法人京遊連社会福祉基金が毎年、京都府・京都市などの自治体及び京都府内に所在する各福祉団体等に対して社会福祉事業の手助けとなるよう寄付・助成金を贈呈する社会貢献活動だ。昭和48年からスタートした「善意の箱」事業を原資に、これまで9億円近くの助成が行われている。

開会に伴い壇上に上がった白川理事長は、助成先団体の社会に向けた献身的な取組みに敬意と感謝を伝えた。業界では規則改正の経過措置終了まで1年少しとなった現在、旧基準機の撤去入替など、来年は特に厳しい状況が予測され中ではあるが、組合員各ホールが社会貢献活動の必要性と重要性を理解し、今年も寄贈式を迎えられたことを嬉しく思うと挨拶。「我々にとって社会貢献活動は地域に根ざし、そして愛される為に必要不可欠な活動だと考えています。今後も歩みを止めることなく継続していきたい」と語った。

贈呈式では京都遊協から社会福祉事業支援として特別養護老人ホームに対し車いす利用者のための送迎用軽自動車を。同青年部会からは福祉作業所等の4団体に対して施設整備費用として計80万円を贈呈。京都遊協は独自開催のファン感謝祭に際してホールから拠出される社会貢献協賛資金、青年部会はチャリティーゴルフ大会で集った浄財を原資として捻出した。京遊連社会福祉基金はホームページでの公募の後、選考を経て、京都市への寄贈及び21の福祉団体等に重度障害者用移動リフト購入費用、施設整備費用等として計861万円を寄贈。財団発足以来の累計金額は8億8849万1544円となった。

贈呈式の後に行われた研修会では、(株)エンパワーコミュニケーションの代表であり、こころ元気配達人の鎌田敏さんが講演。部下育成や接客に活かすべくコミュニケーション術について考え方やポイントなどを伝えた。最後は京都府警察本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室より金子平室長補佐による講話。①違法営業の絶無②適正な手続の履行③パチンコへの依存防止対策の3点について、それぞれ要点を確認するとともに適切な取組みの推進を要請した。


京都府遊技業協同組合

2019.11.29 更新

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2019年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る