ツーリズムEXPO 世界最大級の旅&IRの祭典・大阪初開催



世界最大級の旅イベント「ツーリズム
EXPOジャパン2019 大阪・関西」は1024日〜27日までの4日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催した。併せて観光産業とIR事業者が一堂に会す「IRゲーミングEXPO 2019」を合同開催。一般日(26日・27)には一般来場者に向け、IR認知に向けたPRを展開した。

IRゲーミングEXPO 2019」に協賛したIR事業者は7社。

①ゲンティン・シンガポール・リミテッド(シンガポール)

②ラスベガス・サンズ(アメリカ)

③ギャラクシーエンターテインメントジャパン()(香港)

④メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン()(香港)

⑤日本MGMリゾーツ/オリックス()(アメリカ/日本)

⑥ラ・ヴォーグブティックホテル&カジノ(カンボジア)

⑦サンシティグループホールディングスジャパン()(香港)


その中、日本カジノスクールは、各種ゲームの体験会を行っていた。世界各国の観光地ブースにおいては、ラスベガス、マカオなど観光地としてPR。韓国コーナーでは「PARADISE CITY(パラダイスシティ)」と「Seven Luck CASINO(セブンラックカジノ)」が華やかな雰囲気だった。


これまでは東京ビッグサイトで毎年開催してきたツーリズムEXPOジャパンだが、東京オリンピック・パラリンピック開催関連の影響で、大阪での初開催となり、多くの来場者で賑わった。世界100カ国以上の国と地域、日本全国の観光地が、インテックス大阪会場の全館に集結し、外国人観光客の急増や2025年万博開催の決定で、活気づく大阪・関西ならではの企画やテーマで、旅のリアル体験をPRしていた。



2025大阪万博をPR


マカオの観光標語より



パラダイスシティのブースではバカラ体験を提供



韓国のセブンラックのブース



ラスベガスブース

ツーリズムEXPO 2019

2019.10.28 更新

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2020年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る