東京遊協 「サマーフォーラム2019」開催

東京都遊技業協同組合(阿部恭久理事長)の機械対策委員会と青年部会は79日、遊技会館会議室において「サマーフォーラム2019」を開催。今回は、周辺機器メーカー5社による合同ミニ展示会と130分ほどのミニセミナー3本を展開し、組合員ら約100名規模で賑わった。

合同ミニ展示会では、グローリーナスカ、サン電子、JCMシステムズ、日本ゲームカード、マースエンジニアリングの各社が出展、最新の設備機器を紹介した。


ミニセミナーでは、村岡裕之社長(パチンコビレッジ)が講師を務めた。「年末年始、注目の新機種はあるのか?」(年内内規のパチンコ、Reゼロに続くパチスロは?)、「保通協の新試験方式とは?」(適合率アップは本当になるのか?これまでと何が異なるのか?)、「新遊技機(仮称・管理遊技機)の現状」(登場時期とその特徴)について今後の動向含めて解説した。



各社最新製品をピックアップして展示、様々な話題で賑わった



興味のあるテーマのみでも、全て聴講でも可能としたミニセミナー

東京都遊技業協同組合

2019.07.10 更新

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2019年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2020年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る