政府 ギャンブル等の基本計画案パブリックコメント

「ギャンブル等依存症対策推進関係者会議」(樋口進会長(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長)/略称・関係者会議)は3月6日午後5時から午後7時まで、霞が関ビルディング13階会議室において第2回関係者会議を開催。政府のまとめたギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)について意見交換を行った。3月7日から26日までパブリックコメントを募集した。

パチンコ業界は、1月8日に警察庁に提出した基本計画案が盛り込まれている。「広告宣伝の在り方」「アクセス制限・施設内の取組」「相談・治療につなげる取組」「依存症対策の体制整備」という4項目について具体的な施策(案)を掲げている。従来までの取組強化もあるが、新たに盛り込まれている点では、自己・家族申告プログラム導入に加え、顔認証システムを活用したモデル事業の取組検討(2021年度)、営業所のATM及びデビットカードシステムの撤去(2019年度より)、依存に取組む民間団体等の支援(実績を毎年公表)などがある。

パチンコ業界の依存対策の取組みが早かったという事もあって、他の公営競技よりも2019年度からの施策が多くある。今後、関係者会議は、4月までにギャンブル等依存症対策推進本部の基本計画案をまとめ、ギャンブル等依存症問題啓発週間(5月14日〜20日)に反映させていく。

<ぱちんこ業界の取組むべき具体的施策(案)>
【広告宣伝の在り方】
(1)広告宣伝に関する指針を作成
(2)普及啓発活動
【アクセス制限・施設内の取組】
(1)自己・家族申告プログラム
(2)顔認証モデル事業の取組
(3)未成年者の可能性のある者への年齢確認の原則化
(4)ATM等撤去
(5)出玉情報等を容易に確認できる遊技機の導入検討
【相談・治療につなげる取組】
(1)民間組織への経済支援(毎年実施状況の公表)
(2)依存問題に詳しい専門医等の紹介
(3)RSNの一層の強化
【依存症対策の体制整備】
(1)依存問題対策要綱(仮称)の制定
(2)第三者機関設置
(3)第三者機関(機構)による立入検査の実施
(4)安心パチンコ・パチスロアドバイザー」の強化

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2019年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2019年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る