西陣 新機種「P Rewrite」発表

(株)西陣(本社/東京都千代田区)は2月4日、新機種「P Rewrite」の発表に伴い、同社上野ビルにおいてメディアカンファレンスを開催した。

作品は“泣きゲー”の元祖が手掛ける深い世界観が魅力だ。恋愛、学園コメディ、オカルト、アクションと多ジャンルが盛り込まれており、エンタテイメント作品としてまさに隙の無い作品として人気を博している。パチンコ化に際しては、新筐体「戦舞(SENBU)」を採用。前筐体から約5年ぶりとなる新筐体は、戦国武将の兜をモチーフに、ユーザー目線で使い勝手の良さを追求した造りとなっている。ハンドル左側には今や誰もが持っているスマートフォンを置くスペースを設置し、スマホを見ながら打つユーザーに配慮。また、台上部にはアイキャッチとしても大型トップライトを装備した。台の仕様に合わせて簡単にパネルを入れ替える事が可能だ。

スペックは2種類。どちらも1種2種混合タイプで、ミドルタイプとなるFAは特賞確率1/256.00〜1/227.56(6段階)、ライトミドルのFBは特賞確率1/199.80〜1/176.65(6段階)となっている。ゲーム性としては、大当り後の時短+残保留で小当り抽選→V入賞を行うという仕様。時短回数はどちらも1回or5回or100回の3種類で、FAタイプの場合、右打ち「アウロラッシュ」中は94%が5回、6%が100回に振り分けられている。大当りへの期待を高める演出は、「リライトメーター役物落下」「篝変身リーチ」「リライトクルーン」の3種類。アニメでは会えないオリジナルの描き下ろし水着姿も収められているなど、ファン必見の内容となっている。

(C)VisualArt's/Key (C)VisualArt's/Key/Rewrite Project
(C)NISHIJIN

株式会社西陣

2019.02.04 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2019年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2019年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る