同友会 被災地ボランティアなど 10月活動状況を公表

一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会(東野昌一代表理事)は10月31日、10月中に行った被災地支援ボランティアなど活動状況をプレスリリースした。

【主なもの】
■平成30年7月豪雨災害被災地支援ボランティア活動(第4弾)/岡山・真備町での第4弾となるボランティア活動は10月25日〜26日、会員企業11社25名が参加。第1弾〜第4弾まで延べ109名を派遣した。

■10月定例理事会は、10月17日に開催(理事18名・監事2名・正会員52名・賛助会員61名・事務局2名の計135名)した。新規入会では、賛助会員として(株)ダイレクトジャパン(岩崎和仁社長・本社/新潟県新潟市)を承認。(1)21世紀会報告(2)日工組・全商協の被災地支援対策(3)被災地支援ボランティア活動(4)高射幸性遊技機(回胴式遊技機)の設置状況(8月31日時点)(5)リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)表敬訪問(6)受動喫煙対策(7)吉村泰彦講師(JCMシステムズ・代表取締役)によるIRセミナー

■RSN表敬訪問/10月1日、同友会有志16名(理事11名・会員2名・事務局2名)はRSN訪問。沖縄に移行した夜間相談の初日であり、1階の全商協支援室等見学。

■熱海塾(第10期生)振り返り会in韓国/10月10日〜12日、熱海塾生33名(店長ら17名・経営者11名・経営幹部3名・事務局2名)が、振り返り会、懇親会、パラダイスシティを見学。

■第5期女性社員による交流研修会(第4講)開催/第5期女性社員11社12名は10月16日DMM.com本社において開催。中村恵美代表(SPARKS NETWORK)による棚卸研修、斎藤晃介氏(DMM.com)がSNS活用法セミナーを行った。

■遊技機勉強会/営業システム委員会は、10月17日オーラムにおいて涌島士郎代表(ワクワクランド)を講師に「6号機への期待と可能性について」勉強会を開催、25名が参加した。

■分煙・禁煙ホール勉強会/営業システム委員会は10月24日、TKP名古屋カンファレンスセンタ7Dにおいて、フィリップモリスジャパン担当者を講師に「ホール禁煙時代に備える」勉強会を開催、13社18名が参加した。第2部で井手口博明氏(ジャパンネットワークシステム)により、法令、条例などによる影響について問題を共有。第3部で椎塚丈生氏(チャージ)により、喫煙所マップアプリの実験データ報告があった。

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2019年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る