マルハン 「平成30年北海道胆振東部地震」輪番休業の実施と節電の取り組みについて

(株)マルハン(本社/京都、東京)は、9月12日(水)から北海道の全33店舗で輪番休業を実施する事を発表した。

平日ピークタイムにおける北海道電力管内の供給電力が需要電力に対して不足するという予想から、経済産業省による平常時の20%電力削減が要請されている。同社では地震後から節電を実施しており、9月10日の実績値では、2018年7月比33%減を達成。しかし、同社はこれに輪番休業を加え更なる節電に貢献したいと考えている。輪番休業は、北海道の全33店舗それぞれが2週間ごとに平日1日を休業。各店の休業予定日は、事前に店舗ホームページや店内ポスター等で知らせる。

【輪番休業と節電による電力削減(北海道33店舗平均)
・実施前ピーク電力=214.7kWh(2018年7月)
・目標ピーク電力=171.8 kWh(削減率20.0%)
同社店舗では、デマンド監視装置を設置し、電力消費量・ピーク電力量を計測
※参考 2018年9月10日ピーク電力平均 143.5kWh(2018年7月対比33%削減)

【節電の取り組み】
●営業前
・店内照明は、作業に必要な所以外、開店直前までは点けない
・機械台やその関連設備の電源は、開店15〜30分前までは点けない。必要な場合は作業手順を変更する
・ホールのエアコンは開店まで間引き運転する(設置エアコンの1/4から1/2は止める)
●営業中
・ネオン、看板、電光掲示板、サーチライト、スポットライト等宣伝用の照明は点けない
・屋外広告として使用している道路看板等についても同様に電気を消す
・風適法に反しない照度を保ち、店内の照明を間引く(ハロゲンライトや景品カウンターのスポットライト等)
●営業後
・店内照明は作業に必要な所以外は閉店してからすぐに切る
・閉店後の作業や整備が終了した場所から、防犯用以外の照明を切っていく
・機械台やその関連設備電源は、閉店後30分以内を目安に消す。必要な場合は作業手順を変更する
・ホールのエアコンは間引き運転する(設置エアコンの1/4〜1/2は止める)
※店舗の設備によっては実施できない取り組みもあり

株式会社マルハン

2018.09.12 更新

広告募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る