日遊協 第15回「人材育成フォーラム」開催

一般社団法人 日本遊技関連事業協会(庄司孝輝会長)の人材育成委員会は8月23日、東京都中央区の三洋グループビルにおいて第15回「人材育成フォーラム」を開催。今回は、「人材の活性化」をテーマとして、12社16名が参加した。講演は2題で、「ベテランの活性化」について(株)クオリティ・オブ・ライフ代表取締役の原正紀氏、「間違えないHR-Techの考え方」について(株)アクティブアンドカンパニー・シニアコンサルタントの松本英人氏が、それぞれ「人材の活性化」のヒントとなる事例や評価制度についてなど問題共有を進めた。

企業とシニア人材のマッチングによって、企業が抱える様々な経営課題を解決する「生涯プロフェッショナル」事業を推進するクオリティ・オブ・ライフの原氏は、「ベテランの活性化」について、ベテラン人材の労働意欲、ベテラン人材の理解、シニアと仕事するメリットなどを踏まえて、ベテラン人材活用の3ルートなどを解説。「自社のベテラン活用の現状と課題」「自社における雇用政策」「自社における外部人材活用」について問題意識を高めた。

「間違えないHR-Techの考え方」について松本氏は、「HR-Tech (テック)」という言葉は、組織・人事領域において、ITを用いた業種・業態の高度化・効率化、また新しいサービスの創造・創出の総称として用いられている中、HR-Tech登場の背景、今後の展開についてまとめた。(1)人事データの一元管理・可視化・分析を可能にする事で、従来の経験や勘に頼ったマネジメントではなく、大量のデータやその分析に則った、科学的な根拠のあるマネジメントを実現(2)複雑な定型業務を自動化する事で削減し、オペレーションの効率化を実現(3)必要なスキルやポテンシャルを持った人材を素早く見つけ出し、適材適所で配置を実現。など、HR-Techのステップアップを説明。生産性の向上、評価とも連動させた働き方改革のヒントを伝授した。

このフォーラムは、人事担当者の交流を促す活動として、2012年6月から開催をスタート。パチンコ業界で働く会員企業の人材担当者の参加により、人材に関する課題や悩みの共有、人材育成プラン等に役立つ情報の収集、業界内の人材部門の人脈を広げていくことを目的。

《参加企業》東和産業、ニラク、ピーアークホールディングス、マルハン、アプリイ、オータ、デライトコミュニケーション、日拓ホーム、アサヒディード、西の丸、ABC、プローバホールディングス

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る