都市対抗野球 セガサミー1点に泣く

89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の準決勝となる723日の第2試合、セガサミー野球部(東京都)は、三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)と対戦、01のスコアで敗退した。セガサミー最終回の攻撃では、粘りに粘り、223塁とし、一打逆転を信じる声援が最後の最後までこだました。

定刻午後6時に始まった準決勝。セガサミー先発は初戦完封の森脇投手。その初回、内野安打をきっかけにレフト前タイムリーで1点を先行された。三菱重工の攻めは厳しく、毎回のようにランナーを背負う展開だったが、粘り強い継投策もあって反撃のチャンスをうかがった。しかし、相手を打ち破る決定打を出す事ができず、1点の重みを感じた試合だった。


予選では逆転に次ぐ逆転と、2度にわたるサヨナラ勝ちという奇跡的な試合で大会出場を果たしたセガサミー野球部。大会での一戦一戦は、勝ち上がる程にチームが強くなっていくのが感じられた。また、応援団・セガサミールーターズの応援もまた勝ち上がるほどに、一体感が増していた。2007年の初出場以来10回目の挑戦で初の4強を手にしたセガサミー野球部、次なるチャレンジの始まりとなった。



セガサミーは黄獅子旗(3)を贈られた



最終回を迎えてもセガサミー応援席は逆転への声援が続いた

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2019年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る