パイオニア 新機種「シークレットハイビスカス」発表

(株)パイオニア(本社/大阪府東大阪市)は4月11日、新機種「シークレットハイビスカス」の発表に伴い、大阪市浪速区のグローバル販売近畿東海において、内覧会を開催した。

絶対的な認知度・ファン層を獲得しているパイオニア伝統の「ハイビスカス告知」と、プレイヤーだけにボーナス成立を告知する「シークレット告知」が完全ミックス。“自分だけのハイビスカス”が楽しめるシークレットランプ(リール左部)が新たな楽しみを創出する。

スペックはAタイプで、使いやすさを追求した王道の6段階スペックを採用。ボーナス合成確率は設定1で1/171、設定6で1/119、ボーナスはBB(312枚)とRB(約104枚)の2種類となる。告知割合はレバーONの瞬間に光る先告知が1/3、第三停止ボタンを離した時の後告知が2/3。葉っぱのみ点灯やバウンドストップ、違和感など、BB確定!?のプレミアム告知も多数搭載されている。


株式会社パイオニア

2018.04.11 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る