大遊連青年部 第31回「未来っ子カーニバル」開催

大阪府遊技業組合連合会青年部会(野口賀蔵部会長)1223日、総合多目的アリーナ・東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドームにおいて、第31回「未来っ子カーニバル」を開催した。今回のテーマは「将来の自分を描こう、未来っ子チャレンジスクエア」と題して、色々な職業体験を会場いっぱいに散りばめた。

オープニングは、関西シンクロLOVERSによるシンクロナイズド・スケーティングで始まった。そして、サンタクロースに扮したタージン氏、松田青華さん(司会)、おなじく謎の黄色い生物・ミニオン役の松村新一実行委員長は「メリークリスマス!」とオープニングセレモニーをスタート。松村実行委員長は、「皆さんには無限の可能性があります。将来なりたいものについて、ひと足はやく体験してもらおうと色々準備しました。私が小さい頃にあこがれた電車の運転手(ジオラマ電車運転)など、色々用意しましたので、皆さんも体験してみて下さい」と紹介。飲食コーナーでは綿菓子、お寿司、ホットドックなど、自分で作る事ができる屋台も多く設置した。

正午からの記者会見では、平川容志会長(大阪遊協・理事長)が盛大に開催できたと謝意。「本日ここに未来っ子カーニバルが多くの方々のご理解とご協力によりまして31回目を迎える事ができました事を心から喜んでおります。未来っ子カーニバルは昭和6212月に開催したのが始まりであり、以来毎年欠かさずこの時期に開催しており、平成16(18)からは大阪府の後援をいただいている。多くの方々のご理解とご協力により、回を重ねる毎に内容も充実し、施設の子どもたちも楽しみにしてくれる恒例行事になっております。今回は、子どもたちが将来に向かって希望と目標を持てるようにしたいとの想いから、スポーツ、テレビ、鉄道など様々な体験ができる催しとなっています」と今後も継続開催に想いを込めた。

野口青年部会長は、「色々な体験を通じて、この日の体験が新たな夢や目標を見つける、きっかけができるようなコーナーを設けました。クリスマスムードの中で思い切り楽しんでもらい、子どもたち全員の将来夢に少しでもつながればと思います」と述べた。

今回、大阪府下の児童養護施設等30団体、()大阪交通災害遺族会から1769(子どもたち1325名、引率・保護者444名含む)が参加。運営は青年部会員が中心となり、大遊協の支部組合や組合員ホール、業界関連団体から関西遊商、回胴遊商など団体・販売商社、そして大阪府門真警察署、(公財)大遊協国際交流・援助・研究協会、ボランティア有志など多数が参加。総勢約520名余が子どもたちにクリスマスの楽しい一日を贈った。

閉会式に先立ち、松井一郎大阪府知事の名代として浜田省司副知事が未来っ子を視察。併せて、未来っ子カーニバルの青少年健全育成、社会福祉貢献への取り組みに野口青年部会長に感謝状を授与した。最終の賞品獲得施設対抗戦「氷上そり競争」では、各施設の代表選手を応援するガンバレ、ガンバレの声が、スケートリンクでこだまし大いに盛り上がった。

そして30施設・団体対抗のオセロ大会の結果を発表。1位和泉幼児院(129)2位三ケ山学園(118)3位生駒学園(116)の表彰を行った。ミニオンに扮した松村実行委員長をはじめとしたボランティアは帰路につく子どもたち一人ひとりとハイタッチして見送った。


31回目の開催を迎える


大型バスなど38台で到着した子どもたち


オープニングのタージン氏()、松村実行委員長()、松田さん


浜田副知事()より感謝状を受ける


鉄道運転手体験は大盛況


近大相撲部もシコを踏んでアピール


AKIYA氏の指導によるDJ体験


ハイタッチで見送った松村実行委員長

大阪府遊技業協同組合

2017.12.25 更新

地図募集
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2017年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る