日遊協 「女性活躍推進フォーラム2017」in九州開催

一般社団法人 日本遊技関連事業協会(庄司孝輝会長)の人材育成委員会は1214日、日遊協九州支部のある福岡県遊技会館会議室において、平成29年度第3回目「女性活躍推進フォーラムin九州」を開催した。九州支部、中国四国支部など加盟12社より女性社員18名が参加。九州開催は、本年度3回目(615日、914)の最終ディスカッションによって総括(プレゼンテーション)を行った。

福山裕治支部長(九州支部長)は、平成28年度女性活躍推進アンケートの発表を行い、日遊協挙げ女性活躍の状況を積極的に発信している事を踏まえて、「皆様自身、プライド持って女性がどんどん出て、けん引役となっていただける事を期待している」とエールを送った。同フォーラムは、女性も働きやすい環境、キャリアを描ける風土、女性が一層輝く企業、業界にづくりの一環として人材育成委員会が企画開催。会員企業の枠を超え女性社員同士が一緒に現状の課題抽出や改善策の模索、キャリアプラン、ワークライフバランス等について考えていく。また、議論が深まるようなセミナーの実施、ネットワーク形成など企画していく。


今回の課題は、チームで働く職場であれば、部下、後輩、メンバーを育成指導する場面は、生涯繰り返されるたいへん重要なミッションであるという趣旨で基調講演。桑野麻衣氏が講師となり、人材育成術セミナー〜上手な褒め方・叱り方〜を伝授した。その後各グループに別れてプレゼンテーション開催。その結果、長く働ける職場づくりのために「産休・育休・介護と仕事の両立支援」を発表したE班が評価を集めた。E班は、女性がライフスタイルの変化によって起きる離職の防止、長く働ける職場の構築を目的として発表。産休・育休・介護という誰もが直面する課題に対して、現実に出てくる問題をアンケート等によってクローズアップ。誰にも相談せずに決める人が多い事から、相談しやすい職場風土の必要性を訴えた。


【参加企業】玉屋、西の丸、マルハン、夢コーポレーション、ユーコー、テンガイ、新富商事、クレイン、フェイスグループ、タイラベストビート、プローバ、一富士興業



人材育成委員会の海瀬達司委員より表彰されたEチームのメンバー(左より前田委員長、Eチーム、海瀬委員)


プレゼンするEチーム

電子書籍
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2018年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る