同友会 会員企業全店の30%以下達成を確認

一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会(東野昌一代表理事)は12月4日、新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率の調査結果を公表した。会員企業は、12月1日時点の達成状況を調査した結果、会員企業全店が設置比率30%以下だったとした。

同友会は10月20日、新基準に該当しない回胴式遊技機の設置比率が30%を超える営業所を有する会員企業があった場合は会員資格停止とすると発信。11月15日設置比率状況の確認のためアンケートを実施し、その集計を踏まえて公表したもの。同友会では「今後も、社会からの要請や業界の取り決め事項に合わせ積極的に取り組んでいくよう会員企業へ周知徹底してまいります」としている。

電子書籍
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2017年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る