平和 新機種「CR不二子〜Lupin The End〜」発表

(株)平和(本社/東京都台東区)は9月28日、新機種「CR不二子〜Lupin The End〜」の発表に伴い、東京ショールームにおいて展示会を開催した。

人気タイトル「Lupin The End」の最終章。魔性の女、不二子をフィーチャーした本作では、真のエンディングが明かされる。スペック特賞確率は1/319.6(1/55.7)のミドルタイプで、100回転までのST(確変割合77%)を搭載。STの継続率は約64.3%、右打ち中は大当りの50%が約2400個になるという男たちを手玉にとる魔性の女ならではのスペックだ。

ST「GOLDEN TIME」は2種類の選べる演出モードを搭載。「魔性の女RUSH」はチームワークで大当りと出玉をGETする内容で、あらゆる場面で仲間が参戦するほど期待度がUPする。「大泥棒RUSH」は、爽快感抜群のボタン&トリガー特化型の演出構成となっている。どちらのモードも新たに搭載された不二子イルミや不二子ロゴ&エクササーチといったNEWデバイスが演出を盛り上げ、プレイヤーを虜にする。

右打ち中の大当りラウンドは3R(約450個)・8R(約1200個)・16R(約2400個)の3種類。その内、8R以上は次回も高確率が確定するという、お宝(出玉)がお宝(高確率)を引き寄せる「お宝リンクシステム」が欲張りな不二子を満足させる。尚、大当りの33%を占める3R時の内訳は、23%が通常(時短100回)、10%が高確率だ。低確率か、高確率か、はたまた引き戻す事ができるのか、などのドキドキがとまらない、スリリングなゲームも魅力だ。

(C)モンキーパンチ/TMS・NTV

株式会社平和

2017.09.28 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2017年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2018年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る