ユニバカ×サミフェス2017  1万7000名超のファンイベント開催

()ユニバーサルエンターテインメント(本社/東京都江東区)とサミー()(本社/東京都豊島区)730日、「ユニバーサルカーニバルXサミーフェスティバル2017」を東京ビッグサイト(12ホール)において開催。昨年に続いて、ユニバカとサミフェス合同・夏の大ファンイベントとなった。

開場前の930分からは、ユニバーサル社を代表して長谷川崇彦室長、サミー社を代表して星野歩代表取締役常務による記者発表会を開催。長谷川室長はサミー社のオリジナルキャラクター・快盗天使ツインエンジェルのTシャツ、星野常務はユニバーサル社のヒットキャラであるクランキーコンドル柄のTシャツ姿で登場。長谷川室長は、「今年のテーマは“未来へ”。パチンコ、パチスロ文化はスゴいという事を見せたい」と述べ、星野常務は「業界ナンバーワンのB to C(メーカーが直接ファンにメッセージする)施策がこの“ユニバカ×サミフェス”。今後も、遊技人口の拡大につなげていきたい」とイベント開催意義を述べた。その後、長谷川室長と星野常務が固い握手を交わしてオープニングを迎えた。


11
時からは来場ファンへのオープニングとして「The Battle Of Big Sight〜神々と覇者、新時代の頂上決戦〜」が始まった。両社それぞれに分かれフリースタイル・ラップバトルを開催。MCZeebra氏、漢 a.k.a GAMI氏・PONY氏、KOPERU氏・ERONE氏がサミーとユニバーサルの人気機種への思い入れと魅力を即興歌詞にして、ラップバトルを繰り広げた。また、去年に引き続き、プロレススペシャルマッチを開催。海神・ポセイドン、ビッグバン・ハーデス組VSエル・エイリやん、マスクド・エイリやん組のタッグ戦を行い、両社代表機種の大技を繰り出しあった結果、時間切れ引き分けとなった。


会場内は、グッズエリア(UNI-MARKET、サミー商店)、プレイエリア(歴代機種100台以上の試打ゾーン等)、メインエリア(ユニバ・サミー両社の開発中のコンセプトモデルの展示や、パチンコ・パチスロの未来が見えるバーチャル体験)など。メーカーブースでは、「GODルーム」「UNIVERSAL SLOT STREET」「ユニバラッシュ」「パチテレ!」「ツインエンジェル」「JanQ」「ぱちガブッ!」など、ユニバ・サミー関連ブースを展示していた。


エンディングでは、音楽イベント“MAX BEAT!!”をビッグサイトに再現。
また、DANCE GIRLS CARNIVALでは、最終曲に緑ドンに収録されている「夢花火」で、会場全員でYEAH!YEAH!と盛り上がり、約17000名を超えるファンイベントはフィナーレとなった。


(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
 (C)Sammy



全員がサイリウムを振ってフィナーレ


谷川室長()と星野常務()



The Battle of Big Sight
でラップバトルとプロレスマッチで盛り上がった



歴代機種試打コーナーには各社100台ずつを用意し、来場者は懐かしい機種から最新機種まで試遊した

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

サミー株式会社


2017.08.02 更新

月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2017年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2017年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る