バルテック 新機種「パチスロ ロボットガールズZ」発表

(株)バルテック(本社/徳島県徳島市)は7月4日、新機種「パチスロ ロボットガールズZ」の発表に伴い、ノヴィル高輪ビルにおいて、プレス発表会を開催した。

主催者を代表して挨拶に立った久岡広季常務は、「我々はホール側の視点を取り入れた開発力を強みに、ノヴィルグループ全体で一味違った機種をリリースしていきたい」とPR。レンタルプランも価格改定し、今後予想される遊技機導入コストの負担を分散できるプランを用意したと述べ、厳しい環境だからこそ、携わる全ての人の役に立ちたいと意気込みを語った。

本機は2014年1月より東映チャンネルで放送された、東映ロボットアニメとマジンガーシリーズの主役ロボット達が、美少女キャラクター(萌え擬人化)となって活躍するテレビアニメ作品とのタイアップ機。純増2.0枚/GのARTによる瞬発力のある出玉性能や、変則型のゲームシステム、そして破壊力抜群の上乗せトリガーが魅力だ。

ART「フルボッコRUSH」(40G+α)は、期待度丸見えの『上乗せゲームマップ』が特徴だ。画面上部に搭載されたマスには上乗せ時のG数が記載されており、1G毎にマスが移動。ガールズ目(CT)成立で突入するバトル(フルボッコチャンス)に勝利すれば現在マスのG数が獲得できるというゲーム性で、ヒキ所を強く意識できる内容となっている。CTの確率は1/24.7。フルボッコチャンスの勝利期待度は約50%だ。

特化ゾーンには、このゲームシステムを活かし、フルボッコチャンスの勝率が100%となる「フルボッ娘RUSH」(10G)や、20Gのマス昇格特化ゾーン「にじいろパイルダーZ」(総昇格期待度300G以上!?)を搭載。更に、直乗せ特化ゾーンの「EX BATTLE」が用意されている。ART中の7揃いや次回予告演出から突入する「EX BATTLE」は、上乗せ1G連がMAX83%で継続していくバトルパートと、ループ抽選に漏れた際に突入する4G間の引き戻しパート(76%・リプレイ以外の小役でチャンス)で構成。上乗せ期待値は約150Gだ。

(C)ダイナミック企画・東映アニメーション
(C)松本零士・東映アニメーション
(C)ロボットガールズ研究所

株式会社バルテック

2017.07.05 更新

電子書籍
月刊「娯楽産業」電子版はこちら
Goraku Special Report

全国遊技場名鑑

2017年 西日本編
全国遊技場名鑑 西日本編
2017年東日本編
全国遊技場名鑑 東日本編
購入・年間購読申込み
大阪元町パチンコ関連業者マップ
ホームに戻るページの先頭に戻る